エジソンが教える失敗しないマンション経営【エジ論】 » 一棟マンション経営の大事な考え方のこと » マンション経営に
向いている人・
向いていない人

マンション経営に
向いている人・
向いていない人

   
目次

一棟マンション経営に
向いているのはどんな人か

マンション経営は、資産家や専門家だけが行うものではありません。ローンを利用して少ない初期費用で始められるため、副業や老後の資金づくりとして、サラリーマン・OLなども多く行なっています。

ここでは、マンション経営に向いている人・向いていない人の特徴を調査してみました。

説1|サラリーマン・OLが最強説

マンション経営は、サラリーマンに向いているとされています。その理由は、企業に勤め、毎月安定した収入を得られる点で、社会的信用度が高いからです。マンションの購入(建築)費用として金融機関からローンを借りる際にも有利です。

管理などを専門会社に委託してしまえば、自分で空室募集をしたり修繕の手配をする手間もないので、仕事が忙しい方も不労所得として家賃収入を手に入れることができます。

説2|安定収入が欲しい人に
向いている説

株や投資信託は、市場と連動して毎日値動きがあります。大きく損をすることもあれば、得をする可能性もあります。
一方、マンション経営では、収入の大きな上下動や短期的な収益は見込めませんが、その分、資産価値が落ちにくく、長く安定した収入を得ることが可能です。

このため、投資において安定性を求める方、老後の年金対策をしたい方などに向いています。リスクを背負ってでも大きく儲けたい方には向いていません。

説3|万が一に備えて家族のために
収入を残したい人

万が一に備えて、生命保険に加入する人は多いでしょう。家賃収入もまた、所有者が亡くなった場合の家族の収入として役立ちます。

所有者が亡くなった場合、ローン完済後はもちろん、家賃収入がそのまま家族の収入になりますし、ローンが完済していない場合でも、ローンを借りる際に加入する団体信用生命保険で、ローンの返済が免除されます。

まとめると…

もっと気質的なところはどうなのか、リアルな話を聞いてみましょう。

成功オーナー・
失敗経験ありオーナー・
建設のプロのリアル話

成功オーナー
成功オーナー
Mさん
自分は経営者だという思考

マンション経営は、法人化しているしていないに関わらず、自分が社長です。その感覚がないと、どこか他責になってしまいます。

社長なので、ここは自分でやる、ここは任せるということを明確にし、任せるときはその会社をシビアに選定する…。そういった意識と行動ができるかどうかだと思います。

失敗経験オーナー
失敗経験ありオーナー
Kさん
お付き合いする会社選びを大切に

1棟目の管理会社が倒産してしまった私からしたら、自分が向いているかどうかというより、会社選びが大事だと思っています。

今は管理もお任せで、とにかく楽で(笑)。もちろん細かい清掃など、やることはやっていますが…。

なので、「会社をしっかり吟味できる人」が向いているのではないでしょうか(笑)。

失敗しないための考え⽅
総合建設会社クラスト岡本さん
sponsored by
総合建設会社クラスト
監修者
岡本先生
目先のことしか考えない
タイプですと厳しい

マンション経営は長いので、先のことを考えられないと、自分の首を絞めてしまいます。

たとえば、入った家賃は収入ではありますが、ローンや今後発生する修繕費のために取っておかなければいけないはずが、ついつい使ってしまったり。
清掃を外注するのが勿体無くて「自分でやります」と言いつつ、ついついサボってしまったり…。

そういう人にはあまり向いていないと言えます。逆に、コツコツと真面目に物事を進めるタイプの方には向いているでしょう。

私たちの会社でマンションを建築してくださった際には、そういった「オーナーの心得」も一通りお話するのですが、やはり元来の性格で、遂行できる方とそうでない方がいらっしゃる、というのは正直なところですね。

エジソン
メモ

マンション経営に必要なのは、経営の知識や才能、そういったものではなく、やるべきことをやるといった意志と実行力。そして、それを伴走してくれるパートナーなのだ。

これからマンション経営を始めたいあなたが今頑張るべきなのは、そのパートナー探しである。

特別な才能ではない。マンション経営に関心を持ち、一歩一歩実行するのみなのだ
「エジ論」ナビゲーター・エジソン
取材協力

1975年設立。総合建設会社として、RC工法を標準化したマンション建築、無料の24時間体制の賃貸管理、「お部屋探しのテクトピア」での入居サポートなど、建設から管理までトータルでサポート。

クラスト公式サイトへ

取材協力