エジソンが教える失敗しないマンション経営【エジ論】 » マンション経営の人のこと » マンション経営における
入居者募集・空室対策

マンション経営における
入居者募集・空室対策

   
目次

空室が出たときの
入居者募集ってどうする?

マンションオーナーの収入源は家賃です。物件に空室があるとその分家賃収入が入らない上、入居者がいなくても維持費(経費)がかかるため、経営に影響を与えてしまいます。

賃貸住宅は借り手市場になっており、安定した家賃収入を得るためには、空室対策をしっかり行うことが大切です。

入居者募集広告を出す・見直す

なるべく多くの会社に情報を出して、多くの人の目に触れるようにするのがおすすめです。

外国人入居者や単身高齢者をOKにするなど募集条件を緩和したり、敷金・礼金といった初期費用を減額するのも一つの手段かもしれません。
また、募集資料に掲載している写真をキレイに撮り直したり、枚数を増やすのもおすすめです。

管理会社や仲介業者に任せているのに効果が上がらない場合は、物件エリアに合った強みを持つ会社に切り替えても良いでしょう。

人気の設備を設置する

入居者は、マンションの設備もよくチェックしています。立地や家賃の条件がよくても入居者が集まらない場合は、宅配ボックスや無料インターネットなど、人気の設備を導入するのもおすすめです。

できるだけコストをかけたくない場合は、室内干しやLED照明など、低コストのものから取り入れてみてもよいでしょう。

リフォーム・リノベーション

特に古い物件では、思い切って外壁の塗り直しやリフォーム・リノベーションを行うのがおすすめです。

いずれも費用はかかりますが、物件の印象がガラリと変わることで、全く借り手のつかなかった物件が、人気物件に生まれ変わることも少なくありません。

無料管理をしてくれる
会社もある!

当サイトのスポンサー&監修を務めている株式会社クラストは、なんとマンション管理が無料。

建設、設計部門・営業部門・不動産賃貸部門において、マンション建設だけでなく、マンション経営に欠かせない入居募集や建物管理、事務手続き・入居者対応などをトータルにサポートしています。

管理費用はなんと無料!ローン返済や税金の支払い以外の家賃がすべてオーナーの手元に残るので、余裕のあるマンション経営が行えます。

マンション経営戦略に直結するマーケティング情報も蓄積し、必要に応じてアドバイスしてくれるので、初心者オーナーも安心です。

入居者募集にかかる費用

通常の不動産会社においては、入居者募集に、広告費や広告宣伝費がかかります。

募集を他の不動産仲介会社に依頼する場合は、さらに仲介会社に支払う手数料などがかかり、賃貸契約が成立した後に支払います。

金額は、地域によって多少の差がありますが、通常家賃の1か月~3か月分と言われています。

大きな出費にはなりますが、費用を削って空室が長く続くよりも、早めに広告を出して空室を埋める方が結果として良い場合が多くあります。

そもそも空室にしないために

マンションオーナーにとって最も安心なのは、「そもそも空室が出ない」状態ではないでしょうか。
そのためには、立地や建物の快適性、セキュリティやトラブル時の管理会社の対応など、入居者が「引っ越したくない」と思うような住まい環境を整えることが大切です。

目先の利益だけにとらわれない物件選びや設備投資を行い、安定したマンション経営を目指しましょう。

成功オーナー・
建設のプロのリアル話

成功オーナー
成功オーナー
Mさん
最短8時間・最長24時間で
次が決まる

そもそも、皆さん長く住んでいただけるので、あまり入居者募集で困ることはないのですが、私の場合、最短8時間、最長24時間で次の入居者様が決まります。24時間かかると、「長いな」とがっかりするくらいです。

管理はクラストさんにお任せしているので、テクトピアさんが基本ですが、プラスアルファ広告費を払えば、他の不動産会社も利用できます。それで頑張って入居者つけてくれた会社はまたお願いする。その繰り返しだと、「あそこはちゃんと払ってくれるから頑張ろう」と会社さんもなりますからね。

広告費出さなくても決まるとは思いますが、それでも早ければ早いだけいいので、経営判断として、広告を出すことにしています。

あと、人が出そうなときというのは、毎日管理しているとなんとなくわかるものです。「ゴミの量が急に増えたな」とか。 現状を把握し、それを材料に先を見据え分析し、対策をする。その流れでマンション経営における懸念点や課題の多くは解決可能です。

失敗ないための考え⽅
総合建設会社クラスト岡本さん
sponsored by
総合建設会社クラスト
監修者
岡本先生
入居者が決まらない理由を考える

入居者募集に関しては、お願いしている会社の力量、やる気に大きく左右されるので、まずきちんと対応してくれているかどうか、定期的に見直しするといいでしょう、

また、自分のマンションに、入居が集まらない理由がないかどうかは、当然考えるべきです。設備、周辺との家賃の差などなど。都度都度で見直しを図っていきましょう。

当社はマンション管理が無料なのですが、なぜそれが成り立つかというと、大本が建築会社であり、管理で利益を得ようとは思っていないこと。賃貸の経営を行なっており、22支店のうち、20店が自社ビルになっていることなどが理由です。

また、クラストの会社内に管理部門がありますので、全体で見て赤字にはならないように回せているというのも大きいですね。

エジソン
メモ

いつまでも新築・築浅のときの気持ちのまま経営を続けるのは愚策。近所に新しいマンションはできているか、そもそもエリアの人気はどうなのか、設備は古くないのか、今のニーズに沿っているのか。

そういった研究なくして、成功はありえない。現状維持は衰退の一途をたどるということを、心得ておくべし。

絶え間なく、粘り強く努力する。これこそ、マンション経営の何よりも重要な資質であり、成功の要といえる
「エジ論」ナビゲーター・エジソン
取材協力

1975年設立。総合建設会社として、RC工法を標準化したマンション建築、無料の24時間体制の賃貸管理、「お部屋探しのテクトピア」での入居サポートなど、建設から管理までトータルでサポート。

クラスト公式サイトへ

取材協力