エジソンが教える失敗しないマンション経営【エジ論】 » 一棟マンション経営の大事な考え方のこと » 本当にマンション経営は
年金対策になるのか?

本当にマンション経営は
年金対策になるのか?

   
目次

一棟マンション経営が
年金対策になるというのは
都市伝説か

将来の年金について不安を抱えている人が多い中、年金対策としてのマンション経営が注目されています。マンション経営さえすれば、誰もが年金対策ができるのでしょうか?

ここでは、一棟マンション経営が本当に年金税対策になるのか、噂を調査してみました。

説1|老後も定期収入が得られる

所有するマンションの部屋を人に貸し出すことで、毎月家賃収入が得られるマンション経営。ローンを利用した場合でも、購入(建築)費用を返済すれば、家賃収入は全て手元に残ります。

株やFX投資での資産運用よりも相場の変動が少ない上、長期的に安定収入を得られる点が魅力です。

説2|長期的な収入が見込める説

鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造であるマンションの法定耐用年数は47年です。
法定耐用年数は、あくまで法的な資産価値がなくなるまでの期間なので、実際は、これより長く使用できると考えて良いでしょう。

このため、新築のマンションなら47年以上、築10年のマンションでも37年以上は使用できる可能性があり、長期にわたって収入が見込めます。

説3|予想より収入が少ない説

マンション経営で得られる家賃収入は、すべてそのまま手元に残るわけではありません。ローンの返済や月々の管理費の支払いに加え、10年20年のスパンで大型修繕が必要になるため、多額の修繕費がかかります。
特に、40代や50代からアパート経営を始めると、ちょうど定年退職の頃に大規模修繕費がかかることになるので注意が必要です。

また、空室・滞納による減収、地震や台風などによる修繕費用の増加など、さまざまなリスクによって、思うように収入が得られない可能性もあります。

まとめると…

調査によると、マンション経営をすることで、年金対策を行えることが分かりました。

ただし、ローンの返済や月々の管理費、修繕費用など出費も多いため、計画的に備えておかないといけないようです。

失敗しないための考え⽅
総合建設会社クラスト岡本さん
sponsored by
総合建設会社クラスト
監修者
岡本先生
理想の老後を逆算して
考えないと、
真逆の生活に

年金対策にマンション経営が有効というのは間違いありません。月に1回、収入があるわけですから。

ただ、有効的な年金対策にするなら、できる限り早めにスタートするのがいいですね。多くの方が35年でローンを組むので、退職から年金の間や、年金人生が始まっても、まだまだローンが残っている状態になってしまいます。

年金対策としてのマンション経営を望むなら、計画的に繰上げ返済をしていくなど、その時にどうなっていたいか考えないと、理想の老後とはほど遠くなってしまいます。

エジソン
メモ

何事も目標が大切であり、マンション経営も例外ではない。どんな老後を過ごしていたいかを明確にし、そこに行き着くにはどうしたら良いか、計画を立てることをしてほしい。

自分ひとりでは中々難しいだろうから、信頼できる会社・人の協力は不可欠となる。

正しい道を見出したら、そこに到達するまでペースを崩してはいけない
「エジ論」ナビゲーター・エジソン
取材協力

1975年設立。総合建設会社として、RC工法を標準化したマンション建築、無料の24時間体制の賃貸管理、「お部屋探しのテクトピア」での入居サポートなど、建設から管理までトータルでサポート。

クラスト公式サイトへ

取材協力