エジソンが教える失敗しないマンション経営【エジ論】 » 一棟マンション経営の大事な考え方のこと » 1棟マンション経営における空室対策

1棟マンション経営における空室対策

   

空室リスクが上がってしまう主な原因

物件のアピール不足

まず考えられるのが「物件のアピールが足りず、物件を探している人に情報が届いていない」という点が挙げられるでしょう。物件を満室にして経営を行うためには、不動産会社や管理会社に協力をしてもらい、積極的に物件情報の掲載などを行ってもらう必要があります。

例えば、物件が長期間空室になっている、不動産会社の人手が足りていないなどの理由により、積極的に物件情報が掲載されていない可能性も。問い合わせなどが少ない場合には、管理会社に連絡をしてみてください。

相場よりも高い家賃が設定されている

入居者が決まらない理由としては、周辺の家賃相場よりも家賃が高く設定されている場合もあります。家賃が高いと、比較検討すらされず、候補から外されることが多くなります。これは、物件探しをする場合にはまず家賃で絞り込むことが多いため。家賃が高い場合にはその時点で検討対象から外れてしまいます。

そのため、家賃を決める場合には周辺エリアにある物件の家賃についても調査し、相場を知っておく必要があるといえるでしょう。

設備が充実していない、間取りが悪い

例えばインターネットや水回りの設備が充実していると、入居者が決まる可能性が高くなります。逆に設備が充実していない場合には、空室リスクが高くなるといえるでしょう。

また、使いにくい間取りだったり内装などがあまり魅力的ではない場合には、家賃の希望条件を満たしていた場合でも検討した結果選ばれない、といったこともありますので、入居者にとって魅力的な設備や間取りなどになっているかという点を確認することは大切です。

1棟マンション経営における空室対策

家賃などの見直し

周辺エリアと比較して家賃が高いと空室リスクが上がってしまうことになります。そのため、入居者の費用負担を減らすというのは空室対策となります。

もちろん家賃そのものを周辺エリアの相場に合わせるというのもひとつの方法ですが、例えば家賃を据え置いて駐車場混みの家賃設定にしたり、無料でインターネットを利用できる物件とする方法、また敷金や礼金を安くするといった方法もあります。大切なのは、周辺の物件相場をしっかりと調査し、適正な家賃設定を行うということです。

入居ターゲットを見直す

空室対策として考えておきたいのが、周辺の物件との差別化です。そこで新築物件の建設も増加傾向にある中で、今一度入居ターゲットの見直しを行うこともおすすめといえるでしょう。

例えば、ペットを飼いたいと考えている人や高齢者、外国人など、ターゲットを絞って入居募集をするというのもひとつの方法といえるでしょう。

管理会社の変更

入居者が物件探しを行う際に窓口になる管理会社は、賃貸管理において非常に大切なポイントとなってきます。これは、管理会社がどれだけアピールをするかによって、内見希望や入居希望者が変わってくるため。

そのため、管理会社とは良好な関係を築いていくことがおすすめですが、中にはあまり物件のアピールをしてくれないといったケースもあるかもしれません。そのような場合には、賃貸管理を得意としている管理会社へ変更するのも選択肢として検討すると良いでしょう。そういった会社であれば、さまざまな空室対策のアイディアを提案してくれることもあるかもしれません。

設備の充実を図る

もし物件の設備が充実していないといった場合には、人気の設備を導入することが空室対策に繋がります。例えばエアコンや宅配ボックス、無料インターネットの設備などがあるかないかでは内覧希望者の数も変わってくる可能性があります。

また、どのようなターゲットを設定するかによって求められる設備も変わってきます。どのような層をターゲットとするかによって、導入する設備を検討していくと良いでしょう。

募集資料を見直す

物件を探している人にアピールできる募集資料が用意できているかどうか、という点も考えておきたいところです。物件情報資料には多くの場合物件写真が掲載されていますが。この写真によって物件のイメージが変わるため、写真の写りが悪くなっていないかは確認しておきたいところ。また、資料の情報に古いものはないかなど、物件を探している人の目線に立って募集資料を見直してみましょう。

物件の募集資料をわかりやすくすることによって、管理会社も入居を希望する人に向けて説明がしやすくなります。

まとめると…

1棟マンション経営を行う上では、空室対策は収入を決める大切なポイントとなってきますので、十分に検討をしておく必要があるといえるでしょう。

空室があるかないかで収入が大きく変化しますので、もし空室で悩んでいる場合にはなぜ空室となっているのかその原因を考え、対策を行っていくことが大切です。ぜひこちらの記事で紹介した内容を参考にしてみてください。

取材協力

1975年設立。総合建設会社として、RC工法を標準化したマンション建築、無料の24時間体制の賃貸管理、「お部屋探しのテクトピア」での入居サポートなど、建設から管理までトータルでサポート。

クラスト公式サイトへ

取材協力