エジソンが教える失敗しないマンション経営【エジ論】 » マンション経営のお金のこと » マンション経営黒字化

マンション経営黒字化

   

マンション経営で黒字にする方法

インカムゲイン

「インカムゲイン」とは、簡単に言うと家賃収入のことです。「マンション経営」といった場合には、こちらの方法で収入を得る、というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

マンションの経営を始めた後は、入居した方から毎月収入を得ていくことになります。この場合、マンションの入居者がいる限りは継続して利益を得られます。ただし、マンションを購入した際の費用について元をとる、ということを考えた場合にはかなり長い目で考えた運用が必要になってきます。また注意点としては、入居者がいなくなると収入が減ってしまう、という点が挙げられます。

キャピタルゲイン

「キャピタルゲイン」とは、マンションを購入した時よりも高い金額での売却により利益を得る方法のことをいいます。こちらの方法の場合には、家賃による収入とは異なり、一度で得られる利益が非常に多いという点が特徴です。

ただし注意点としては、どれくらいの金額で売却できるかということは築年数や立地条件などによっても変わってくる、という点が挙げられます。さらに売却益には税金が課せられるために、最終的に赤字で終わってしまうというリスクもあらかじめ考えておく必要があります。

マンション経営を黒字にするコツ

物件選び

マンション経営を黒字にしたいと思った場合には、まず物件選びが重要になってきます。例えば立地条件やマンションそのものの状態が良いことがポイントとなってきます。立地条件や状態の良いマンションの場合には入居者もすぐに見つかり、長く家賃収入を得られる可能性が高くなりますし、さらに売却をする場合にも高い金額で売ることができる可能性があります。

このように、インカムゲインとキャピタルゲインを両立できるかどうかという点を考えながら物件選びを行いましょう。

リスクマネジメント

マンション経営を行う場合には常にリスクについても考えておく必要があります。

この場合のリスクとしては「空室になる」「家賃の滞納が起きる」「何らかの理由で修繕費用が突発的に発生する」といったものなどが考えられます。

例えば空室になってしまうとその分の家賃収入は得られないため、入居者を集めるために家賃設定を見直したりすることで入居者募集を行う必要が出てくる可能性も考えられます。また、家賃の滞納が起きた場合に備えてあらかじめ保証会社との契約を検討しておくといった対応も必要になってきます。

このように、あらかじめ様々なリスクについて想定し、対応策を考えておくこともマンション経営を黒字にするコツであるといえるのです。

マンション経営で赤字が続いてしまう人のよくある勘違い

放置しても収入を得られると勘違いしている

マンション経営は、「不労所得」と呼ばれるために「楽をして収入を得られる」と勘違いしがちですが、実際には放置していても収入を得られるような簡単なものではない、といった点に注意しておく必要があります。

継続的に収入を得るためには入居者を確保する必要があるため、設備を改善したりサービスの向上を常に意識しておく必要があります。この点を怠ってしまうと空室が増えてしまい、結果的に収入を得られなくなってしまいます。

また、不安なくそのマンションに住めるように近隣環境について確認しておくことや、入居者とのコミュニケーションをある程度取ることも必要になってきます。

すぐに黒字になると思っている

また、マンション経営は長期的な視点で考えることが必要です。経営を始めてすぐに黒字になる可能性はかなり低いために、すぐに黒字にして利益を得たいと考えている人は焦って失敗しがちという点に注意する必要があります。

このように「すぐに黒字にできる」といった勘違いをしてしまう場合には、知識がなく投資を始めてしまっている可能性もありますので、このような方はまずはマンション経営についてしっかりと学んだ上で投資を行うようにしましょう。

マンション経営について学ぶ場合には自分で勉強することも大切ですが、実際にマンション経営を行っている方の話を聞くことも非常に参考になるのでおすすめです。こちらのページではマンション経営で成功した話や失敗した話をまとめていますので、合わせてご確認ください。

取材協力

1975年設立。総合建設会社として、RC工法を標準化したマンション建築、無料の24時間体制の賃貸管理、「お部屋探しのテクトピア」での入居サポートなど、建設から管理までトータルでサポート。

クラスト公式サイトへ

取材協力