エジソンが教える失敗しないマンション経営【エジ論】 » 一棟マンション経営の大事な考え方のこと

一棟マンション経営の
大事な考え方のこと

   
目次

ほとんどの情報がインターネットで得られる現代だからこそ、どの情報が正しいのか、きちんと見極めないと大きく損をする可能性があります。
ここでは、一棟マンション経営を始める前に知っておきたい考え方をまとめてみました。

本当に一棟マンション経営は
安定収入なのか?

マンションの安定収入のイメージ

「働かなくても安定収入が得られる」というイメージが強いマンション経営。たしかに、入居者がいる限り、毎月家賃収入を得られます。

ただし、安定して収入を得続けるためには、空室募集や修繕、共用部など設備の点検などを定期的に行わなくてはなりません。
そのたびに減収・出費のリスクがあり、「楽して稼げる」わけではないのです。

本当に一棟マンション経営は
安定収入なのか?

本当に一棟マンション経営は
相続税対策になるのか?

相続税がのしかかるイメージ

現金を相続した場合、相続した現金の全額が相続税の対象となりますが、不動産を相続する場合は、評価額が一定の割合で減額されます。このため、相続税対策としてマンション経営を行う人も少なくありません。

ただし、どんなマンションでも節税できるわけではないので要注意。
また、長く安定して家賃収入を得るためには、立地や条件などをよく確認してマンションを購入(建築)しなくてはなりません。

本当に一棟マンション経営は
相続税対策になるのか?

本当に一棟マンション経営は
税金対策になるのか?

マンション経営によって、相続税だけでなく、所得税や住民税、固定資産税対策なども行える場合があります。

特に、サラリーマンなどが副業としてマンションを経営する場合は、黒字の給与所得から、マンション経営の赤字分を差し引く「損益通算」によって、所得税や住民税を抑えることができます。

本当に一棟マンション経営は
税金対策になるのか?

本当に一棟マンション経営は
年金対策になるのか?

マンション経営では定年退職後も毎月家賃収入が得られるため、年金対策としても注目されています。
株やFX投資での資産運用よりも相場の変動が少なく、安定収入が期待できます。

ただし、ローンの返済が終わったとしても、月々の管理費や修繕費用などが定期的にかかるので、注意が必要です。

本当に一棟マンション経営は
年金対策になるのか?

一棟マンション経営に
向いている人・
向いていない人

マンション経営は、資産家や専門家だけのものではありません。ローンを利用して少ない初期費用で始められることから、最近では、副業や老後の資金づくりとして、サラリーマン・OLなども多く行なっています。

特にサラリーマン・OLは、毎月安定した給料を得られる点で社会的信用度が高く、ローンを借りやすい点からも、マンション経営に向いています。

一棟マンション経営に
向いている人・向いていない人

マンション経営の出口戦略

資を行う場合は、出口戦略について検討した上で始めることが必要です。不動産投資における出口戦略について詳しく解説しています。

マンション経営の
出口戦略を知る

1棟マンション経営と区分マンション経営の違い

マンション経営を行う際には「1棟マンション経営」と「区分マンション経営」の2つからどちらを選択するかを検討することになります。その場合に知っておきたいのが、この2つのマンション経営にはどのような違いがあるのか、という点です。

例えば1棟マンション経営を行うメリットとしては、複数の部屋があることから空室リスクを低く抑えられたり、多くの家賃収入に繋げられる可能性があるといった点が挙げられます。それに対して区分マンションの場合にはマンションを管理する手間が必要ない、新築の場合には融資が通りやすいことがあると言った点がメリットとして挙げられます。

このように、それぞれの違いを知った上で自分にあったマンション経営のスタイルを見つけることも、不動産投資を行う上で大切なポイントといえるでしょう。

1棟マンション経営と
区分マンション経営の違い

1棟マンション経営における空室対策

マンション経営において空室対策を行っておくことは非常に大切なポイントとなってきます。その上で知っておきたいのは、「なぜ空室となるのか」という原因。自分が所有するマンションが空室リスクが上がってしまう原因に当てはまっていないかどうかをしっかりと確認しておくことも重要となってきます。

空室が発生し、その期間が長引くほどに収入面での影響も大きくなっていきますので、空室リスクはできるだけ低くしておく必要があるといえるでしょう。そのためにもこちらのページでは、マンション経営を行う上で行っておきたい空室対策についても紹介しています。空室で悩まないためにも、しっかり押さえておきたい内容となっていますのでぜひチェックしておいてください。

1棟マンション経営に
おける空室対策

マンション経営の将来性を考える

高額なマンション取得費を家賃収入によって回収していくマンション経営において、将来的なリスクを踏まえて事業戦略をプランニングすることは大切です。そのため、ここではマンション経営の将来性を考える上で無視できないポイントや、そもそもどういったテーマにもとづいて考えればマンション経営の未来をイメージできるのかといった内容を解説しています。

マンション経営の将来性を考えながら、自分なりにイメージを固めていきましょう。

マンション経営の
将来性を考える

マンション経営のリスク

マンション経営には、入居者が見つからずに家賃収入が発生しない空室リスクを始めとして、様々なリスクやトラブルが想定されます。マンション経営におけるリスクは状況によって投資事業そのものを破綻させてしまうため、実際に不動産投資事業をスタートする前にきちんとリスクを想定し、それぞれに適した対策を講じておく「リスクマネジメントの意識」が大切です。

マンション経営のリスクについて解説していますので参考にしてください。

マンション経営の
リスクを考える

マンション経営に役立つ資格

個人がマンション経営を始める上で取得しておかなければならない必須資格はありませんが、不動産経営に関連した資格を取得しておくことでマンション経営を有利に進めやすくなります。

ここではマンション経営に役立つ資格として、一般的に考えられる資格10種類を紹介し、それぞれの概要を解説しています。マンション経営を健全に進めていくための基礎知識の1つとしてぜひ参考にしてください。

マンション経営に
役立つ資格を知る

マンション経営の初心者が注意すべきポイントは?

マンション経営を始めるに当たって、不動産投資の初心者はどのような点に注意すべきなのでしょうか。ここでは、マンション経営の初心者が意識して考えるべきポイントを解説しています。

適切な理解と知識を前提として、きちんと注意すべき内容を踏まえて投資計画を構築することで、マンション経営の失敗リスクを軽減できるでしょう。

マンション経営の初心者が
注意すべきポイントを知る

マンション経営を始める前に賃貸需要の調べ方を知ろう

賃貸経営を成功させるためには、まず市場の賃貸需要を理解することが重要です。賃貸需要とは、市場における賃貸物件に対する人々の関心度合い。この関心は、地域、時期、経済状況によって異なり、都市部では独身者や学生向けの物件が、郊外では家族向けの物件が求められます。この記事では、賃貸市場の需要を調べる方法などをまとめています。

マンション経営を始める前に
賃貸需要の調べ方を知る

エジソン
メモ

それぞれのページの解説は、書籍やネットなどでよく見る内容だけではない、私・エジソンと建設のプロ・現在成功しているリアルオーナー・失敗経験があるものの、不死鳥のように蘇ったオーナーが解説している。

エジ論先生たち
マンション経営の秘密を解き明かすのに、ひとつの意見に頼っていては駄目だよ
エジソン
取材協力

1975年設立。総合建設会社として、RC工法を標準化したマンション建築、無料の24時間体制の賃貸管理、「お部屋探しのテクトピア」での入居サポートなど、建設から管理までトータルでサポート。

クラスト公式サイトへ

取材協力