エジソンが教える失敗しないマンション経営【エジ論】 » 一棟マンション経営の大事な考え方のこと » マンション経営の将来性を考える

マンション経営の将来性を考える

   

マンション経営の将来性を考える際に意識すべき問題

マンション経営は、高額な物件取得費を家賃収入によって少しずつ回収し、やがて利益を得るという長期的な投資事業です。そのため令和の日本社会においてマンション経営について考える場合、将来的なリスクや長期的な安定性などを総合的に分析することが大切になります。

ここでは、日本国内においてマンション経営の将来性を考えるに当たり、無視できない問題を挙げていきましょう。

少子高齢化による人口減少

日本は慢性的な少子高齢社会に陥っており、出生率は減少の一途をたどっています。出生率が下がるということは、直接的に日本の人口が減少していくという現実を意味しています。

当然ながらマンション経営は十分な入居者がいなければ成立しないビジネスであり、このまま少子高齢化が加速して人口がいよいよ減少してくれば、将来的には物件だけが余って入居者を取り合うといった状況にもなりかねません。

全国で増加する空き家の問題

単身で自宅に暮らしていた高齢者が亡くなって、それぞれが所有していた自宅や物件が空き家として放置されているといった問題も深刻化しています。

民法の改正によって空き家を放置することが規制され、相続人がきちんと登記を行って所有者を明確化しなければならないという方向に進んでいますが、根本的に空き家が増えているという問題の解決には至っていません。

空き家が増えるということは物件が余るということであり、将来的にそれらが格安の賃貸物件として提供されて、競合他社になる可能性もあります。

マンション経営そのものの将来性は悪くない

日本社会が抱える人口減少や空き家の増加といった問題は、マンション経営を含めた不動産事業全体に影響してくるテーマですが、一方でマンション経営の将来性に対して明るい考えもあります。

単身者向けの物件ニーズは増えていく可能性あり

少子高齢化の一因となっている社会現象として、そもそも結婚しない人が増えている現象は看過できません。

単純な話ですが、2人の男女が結婚して一緒に暮らすなら必要な物件は1つです。しかし未婚の男女がそれぞれ暮らそうと思えば、必要な物件数も2つになり、その分空き物件が埋まっていきます。

人口そのものの減少傾向は依然としてとどまることがないものの、同時に未婚率が増加することで単身世帯をターゲットにした賃貸物件へのニーズが高まっていく可能性は大。また、ある程度の年齢になって収入面でも余裕のある単身者であれば、若い単身者向けのワンルームマンションだけでなく、相応の家賃設定がされているデザイナーズマンションを希望するなど、家賃単価を上げられるといったケースも考えられます。

耐用年数を迎えたマンションの建て替えによる需要増

どのような構造であっても、マンションには耐用年数が定められています。

将来的にマンションが耐用年数を迎えて建て替えが必要になった時、それまでそこに暮らしていた人々は一時的または永続的に別の物件へ移ります。そのような場合、競合他社のマンションから自分のマンションへ入居者が流れてくるケースはあり、ある意味商機とも言えるでしょう。当然ながら自分が所有するマンションにも当てはまるケースで、リスクマネジメントとして複数の不動産に分散投資を行う方法があります。1つのマンションを建て替えることになっても、所有する別のマンションに入居者を案内することで、既存顧客を囲い込むことが可能です。

入居者のニーズに寄り添えるマンション経営が成功のカギ

マンション経営において将来的な成功を目指そうと思えば、そもそも入居者がどのような理由で賃貸物件を探していて、またどのような部屋に住みたいと考えているのかなど、人々のニーズについて意識を向けることが必須です。

適切な市場調査やマーケティング活動によって大衆のニーズや時代のトレンドを把握し、それに合わせた建築やリフォーム、設備の拡充などを行うことで、入居者の満足度を高めて退去リスクを抑えられます。

まとめると…

マンション経営は事業としての性質上、長期的な運用が必要になるビジネスであり、だからこそ将来的なリスクや安定性について考えることも大切です。

ただし、不動産業界や社会情勢は常に流動的であり、変わらないように見えても様々なポイントで変化が生じています。そのため、本当に冷静かつ客観的なリスクマネジメントを行おうとすれば、賃貸経営に関するプロフェッショナルへ相談してプランニングをサポートしてもらうことが重要です。

取材協力

1975年設立。総合建設会社として、RC工法を標準化したマンション建築、無料の24時間体制の賃貸管理、「お部屋探しのテクトピア」での入居サポートなど、建設から管理までトータルでサポート。

クラスト公式サイトへ

取材協力