エジソンが教える失敗しないマンション経営【エジ論】 » 一棟マンション経営の大事な考え方のこと » マンション経営を始める前に賃貸需要の調べ方を知ろう

マンション経営を始める前に賃貸需要の調べ方を知ろう

   

賃貸経営の失敗をさけるためにも、まずは賃貸需要を知ることが大切です。ここでは賃貸需要の調べ方についてまとめました。

そもそも賃貸需要とは?その重要性について

賃貸需要とは、市場における賃貸物件への需要のことを指します。この需要は、地域や時期、社会経済の状況によって大きく変動するものです。例えば、都市部では一人暮らしをする人々や学生のための賃貸物件への需要が高い一方で、郊外ではファミリータイプの物件が好まれる傾向にあります。賃貸需要を正確に把握することは、物件の空室率を減らし、安定した収益を確保する上で極めて重要。市場のニーズに合った物件を提供することが、成功への鍵となります。

賃貸需要の調べ方

賃貸需要を調べることは、マンション経営を始める前に必ず行うべき重要なステップです。市場の実態を理解し、自分の物件がどのような位置付けにあるのかを知ることで、より戦略的な経営が可能になります。以下に、賃貸需要を調べる方法を具体的まとめました。

自分の賃貸物件の情報をまとめる

賃貸需要を調べる第一歩として、まず自分の賃貸物件に関する情報をまとめましょう。物件の種類(アパート、マンション、一軒家等)、立地(都心部、郊外、駅近等)、間取りや設備、家賃の設定範囲など、物件の特徴を細かくリストアップします。

これらの情報は、後の市場分析や競合調査において、自分の物件がどのようなポジションにあるのかを判断する基準となります。また、特定のターゲット層がいる場合(例:学生、単身者、ファミリー等)は、そのニーズに合わせた物件の特徴を明確にすることも大切です。この段階で自分の物件が持つ強みや弱みを客観的に分析することで、後のマーケティング戦略や価格設定に役立てられます。

似た条件の物件をピックアップし傾向を見る

賃貸需要を正確に把握するためには、市場に出ている似た条件の物件をピックアップし、その傾向を分析することが有効です。これにより、自分の物件が市場内でどのような競争環境にあるのか、どのような点で差別化できるのかを明確にすることができます。

マンション経営を行うエリアの人口推移を確認する

エリアごとの人口推移は、賃貸需要を左右する重要な要素です。人口が増加傾向にあるエリアでは、賃貸需要が高まる傾向にあり、逆に人口が減少しているエリアでは、需要が下がる可能性が高くなります。国勢調査や地方自治体の公開しているデータを参考に、エリアの人口推移を確認しましょう。特に若年層や単身者の人口動向に注目すると、賃貸市場における需要の変動を捉えやすくなります。

不動産ポータルサイトから空室率を確認する

不動産ポータルサイトを使用して、特定のエリアや物件タイプにおける空室率のデータを参照することで、現在の賃貸市場の需要と供給のバランスを理解することができます。また、家賃の相場情報も合わせてチェックすることで、自分の物件の家賃設定が適切かどうかを見直す要素にもなります。

地元の不動産会社に確認する

地元の不動産会社に相談することも、賃貸需要を調べる上で欠かせない手段の一つです。不動産会社は日々の業務を通じて、そのエリアの賃貸市場に関する豊富な情報と実務経験を持っています。特に、自分の物件と似た条件の物件がどのような状況にあるのか、どのような客層が多いのか、どのようなプロモーションが効果的かなど、具体的なアドバイスをもらうことが可能です。このようにして得た情報をもとに、自分の物件のポジショニングやマーケティング戦略を考えられるでしょう。

賃貸需要を調べるときに注意すべきポイント

単に市場の動向を捉えるだけでなく、いくつかのポイントに注意を払う必要があります。これらを考慮することで、より現実に即した需要予測が可能となり、経営戦略を的確に立てられます。以下では、特に注意を払うべき3つのポイントについて解説します。

人口増加率

その地域における賃貸需要の将来的な増減を予測する上で人口増加率は重要です。人口が増加している地域では、一般的に賃貸物件への需要が高くなる傾向があります。特に若年層や単身世帯の増加は、小規模な住宅やアパートへの需要を高める可能性があります。逆に、人口が減少している地域では、将来的に需要が下がるリスクが高まります。このような地域では、物件の特性やサービスを工夫し、限られた需要をしっかりと捉える必要があります。

物件周辺環境

物件が位置する周辺環境も、賃貸需要に大きな影響を及ぼします。交通の便、商業施設や教育機関の有無、公園やレクリエーション施設の近さなど、生活の利便性や快適性を高める要素は、多くの入居希望者にとって魅力的です。また、治安の良さや環境の清潔さも重要な要因です。これらの環境要因を正確に評価し、物件のPRに活かすことで、より多くの入居者を惹きつけられるでしょう。

空室率の状況

自分の物件だけでなく、同じエリア内の競合物件の空室率も注意深く観察する必要があります。高い空室率は、その地域における賃貸需要の低迷を示すサインである可能性があるためです。また、季節による需要の変動や、新しい物件の供給状況も空室率に影響を及ぼす要因となります。これらの情報を踏まえ、家賃設定やキャンペーンの実施、物件のリノベーションなどの対策を講じましょう。

取材協力

1975年設立。総合建設会社として、RC工法を標準化したマンション建築、無料の24時間体制の賃貸管理、「お部屋探しのテクトピア」での入居サポートなど、建設から管理までトータルでサポート。

クラスト公式サイトへ

取材協力